夜中に高熱になって、40℃前後まで上がって健康

夜中に高熱になって、40℃前後まで上がって健康を害したので、次の日に病院に行きました。

インフルエンザの検査が実施できますよと尋ねられました。


万が一、インフルエンザだったら、適したお薬を接種できるので、検査したいと希望しました。
インフルエンザは風邪と比べて別のもの耳にします。
大体、1日から5日くらいの潜伏期間を経て、急激な高熱となって、3日から7日は最低それが続きます。
型によって、筋肉や関節の痛み、腹部の痛みや下痢など症状に、小さな違いがあります。時として、肺炎を併発したり、更には脳炎や心不全を起こす事もあるため、甘くは見ることはできない感染症です。

便が出なくなると、体に不要なものが体外に出ないため、口臭の原因となります。

いくら食後に歯ブラシをし続けて、フロス、マウスウォッシュで口の中を清潔にしても、口臭は腸から胃を伝わって不要なものを排出しようとし、口臭として現れるのです。そうなると、お通じがよくなると、口の臭いも同時に改善されると言われています。


腸内の環境を整えておくと肌が美しくなると聞いて、せっせとヨーグルトを食べていたのですが、味噌や納豆といったものまで乳酸菌を含む「乳」とついているから、てっきり乳酸菌は乳製品からとるんだと勘違いしていました。



心なしかちょっと恥ずかしい思いです。
1才から5才程度の年齢のお子さんがインフルエンザに感染をし、熱が出た後、急にけいれんや意識障害、または異常行動等の症状を起こしてしまうのがインフルエンザ脳症といったものです。
インフルエンザ脳症とは、生命に関わることのある重篤な疾患であり、治った後に後遺症が残る場合もまれにあります。実は、オリゴ糖は乳酸菌の増殖を助ける成分として注目の存在となっています。

オリゴ糖を添加された乳酸菌の活動は活発になり、おなかの悪玉菌が増えるのを抑え、内臓環境を整調してくれます。乳酸菌とオリゴ糖はどちらもお腹の機能増進や健康の維持には必要不可欠な成分です。

最近の話ですが、アトピーを改善すると言われている入浴剤を試用品として貰いました。

あらゆるものがそうですが、実際、試しに使用してみないと効果が分からないものです。サンプルの入浴剤は肌によく馴染んで、いい感触でした。
刺激も感じませんし、皮膚がつっぱるような感覚もなくて、潤いを保ちます。


お腹が便で膨れて苦しんだ事って絶対に一生に一度は誰もが体験したことがあるものだと思います。
私も経験者の一人で、酷いと一週間便秘のまま過ごすなんてこともあります。
お通じの改善に役立つ薬もありますが、私はアレが身体に合わないみたいなので、ごく自然に便秘を解消できるオリゴ糖を飲んでいます。



お腹に優しく作用してくれるのがいいですよね。



花粉症となった以来、乳酸菌ドリンクを摂るようにしました。

二年前から花粉症を発症し、くしゃみと鼻水がでっぱなしです。薬に頼るのはしたくなかったので、テレビで取り上げていた乳酸菌サプリを使ってみました。

今の段階では、これで花粉症はだいぶましになってます。


娘がアトピーだと発覚したのは、2歳になったばかりの頃でした。足にには肌にかゆみを感じていたようだったので、かゆみ止めとしてステロイドを貰いました。

2年のあいだ、ステロイドを治療に使い続けて、気をつけながら子供の様子に注意していたのですが、かゆみや皮膚の赤みは一旦ひいてもまたすぐにぶり返し、一向に回復した、という状態までいきませんでした。

結局は、治療を漢方薬を用いたものに変更し、食事内容を見直したことで、小学生になる頃には、症状はすっかり落ち着きました。


便秘にいい食べ物を毎日頂いています。



それはバナナと発酵乳の1種です。
来る日も朝食べています。
食しているうちに、最近、便秘が良くなってきました。

とにかくひどかった、便秘が治って便秘薬を飲む必要がなくなりました。
今ではポコッとしたお腹も、へこんできていて嬉しいです。ご存知かもしれませんが、乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作り出すというところでは同じなのですが、ビフィズス菌にはそのほかにも、酢酸などの殺菌力を持つ成分も作る能力があるのだそうです。だから、ノロウィルス対策に有効だと言われているのでしょう。
最近では、いろんな感染症についての話を聞くので、摂るといいかもしれません。


便秘のツボでよく知られているのは、おえそから両側に指2本分くらい空けたところに天枢(てんすう)が有名です。


また、おへその下5cm程度のところにあるふっけつというツボも良いと思います。

手の近くには支溝(しこう)と外関(がいかん)と、いうツボがあります。



便秘のタイプそれぞれによっても、効果的なツボは違うので、時分のタイプに合ったツボを押すと効果がでやすいでしょう。1日の中で乳酸菌を摂る理想の時間ですが、これと言った決まりはあるわけではありません。どれくらいを、どのくらい摂るかは商品のパッケージに、それが参考になるでしょう。
まとまった量を一度で何回かに分けた方が身体に行き渡るということから効果が期待できます。
便秘に苦しんでいたのですが、少しずつ治ってきています。
便秘改善に効果があった方法は、ヨーグルトを食べるようにしたことでした。



この方法で、長年の便秘を改善したという話を知ってから、、私もやってみようと思ってヨーグルトを買いこんで毎日食べてみたのです。
ヨーグルトを毎日食べているうちに、おなかの調子がよくなってきて、便秘で悩むこともなくなりました。

関連記事