最近は毎年恒例のように冬になればインフルエンザが

最近は毎年恒例のように冬になればインフルエンザが大流行しています。

年々予防注射を実施する人も増える一方ですが、都市部では相当の数の人がかかる結果となっています。感染経路は多種多様だと思いますが、通勤中の電車や街中、職場など、大人数と空間を共にする場所で感染をしているのだと思います。


赤ん坊がインフルエンザをうつされたら、はなはだ大変なことに至ります。


まだ体力が足らない赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に、体力がついていけるかが不安ですし、インフルエンザで命が危ないことも想定できるでしょう。インフルエンザが広がっている時には、連れて出ない方が利口かもしれません。一般的な乳製品以外にも、乳酸菌が入った食品があることを知り、乳酸菌て何だろうと調べてみました。いろいろ調べてみたら、乳酸菌は乳酸の菌ということじゃなくて、化学反応を起こして乳酸を作り出す菌類をそう呼ぶのだそうです。

このことを知ってましたか?今まで30年以上生きて来て、生まれて初めて知った事実です。
最近、インフルエンザに罹らないようにするために乳酸菌が効果的だといわれています。



1年程度前に、番組で小学生に乳酸菌が多く含まれているヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザになる児童の数が大きく減ったというコンテンツを見ました。



私の子供が受験生でしたので、それからというもの、ずっとヨーグルトを食べさせています。
乳酸菌が腸まで届くといわれているヨーグルトが断然いいそうです。普段より屁の臭気に悩んでいる方は乳酸菌をとるといいのではないでしょうか。実はおならが臭いをもたらす原因は悪玉菌にあるとのことです。
ということで、腸内の善玉菌を増加させ、悪玉菌が増えるのを防ぐ効果があるといわれている乳酸菌を摂ることで臭いを和らげることができます。


なぜ私が便秘になったのかというと、運動不足のせいなのでしょう。


会社へは毎日車で通っているので、歩く事もめったにありません。

飼い犬などもいないので、散歩にもなかなか行きません。

そのような生活のせいで、私は便秘なのでしょう。便秘改善のためにも、今日からウォーキングを行おうと思います。最近の研究成果でインフルエンザの予防のためには乳酸菌が高い効果を誇るということが分かり始めてきました。というのも、インフルエンザといったものはワクチンだけで全て防ぐことはできません。
日頃から乳酸菌を摂ることで免疫力が上がって、インフルエンザ予防になったり、症状を和らげる効果が高くなると言われています。便秘になってしまったとしても、薬によって簡単に、解決できると思いますが、薬にばかりに頼ってしまうのはよくないので、やはりまず最初に食事を見直してみてください。


食物繊維を多く含んでいる食事を摂るのが効果的で、不溶性と水溶性の両方の食物繊維をあわせて摂るのが大切です。後、野菜やきのこ類、海草類をどんどん食べましょう。母は重度のアトピーです。



遺伝していたようで、私もアトピーを発症しました。
肌がボロボロになってしまって、毎日の保湿ケアが欠かせません。ケアを欠かしてしまうと、外にいくのも難しいのです。


母を憎んでも仕方ないですが、いつか、私の子供にも遺伝してしまうのかと思うと、悲しい気持ちになります。アトピーを改善すると噂されている入浴剤をサンプルで頂きました。



あらゆるものがそうですが、試してみないと結論を出せないものです。

その入浴剤は皮膚によく馴染んで、良い印象を持ちました。
ヒリヒリする事もありませんし、皮膚がつっぱる事もなくて、潤いをよく保ちます。私には乳酸菌サプリと言えば、すぐに思い浮かぶのは何と言ってもビオフェルミンです。
子供の頃から知られていたサプリであり、下痢だったり便秘だったりはたまた腹痛だったりした時も、いつも私のお腹を守り続けてくれていました。CMで「人には人の乳酸菌」と流れていますが、私にとってみれば効果がある乳酸菌サプリは、ビオフェルミンとなるのです。
最近、乳酸菌がアトピー改善に効果があることが見つかってきました。実はアトピーの原因はいろいろありますが、感じるストレスや乱れた食生活によって原因となることもあります。


多数のアトピー患者は腸の状態が整っていないため、乳酸菌のパワーで腸内の調子をを整えることがアトピーを完治する手段となります。インフルエンザを患ってしまったら、とにかく栄養をしっかりと、摂取しなければなりません。
お薬ももちろん大事ですが、栄養を体内に補給することも大事です。

一刻も早くインフルエンザを治すためにも、水分と栄養はきちんと摂取しましょう。

朝昼晩と食欲がわかなかったとしても、胃に優しくて栄養満点なものをすぐに摂ってください。



腸や体の健康のために乳酸菌が役立つのはみんな理解しています。

しかし、乳酸菌は胃酸にやられるので、しっかり食べても胃酸で死んでしまって効果は期待薄ではという考えを持つ人もいます。実際は乳酸菌が生きてるとか死んでるとか関係なく食べるだけで腸内の免疫機能が上って、身体の健康づくりに繋がっていくのです。お通じが悪くなると、健康に必要ないものが体から出ないため、口臭が発生します。



どれだけ食事のたびに歯磨きをして、フロス、マウスウォッシュで口の中を清潔にしても、口の臭いは腸から胃を通って不要なものを出そうとし、口が臭い結果となるのです。そうなると、お通じがよくなると、口臭も何もせずとも無くなると言われています。

関連記事